2018.5.7
お知らせ

卒業生インタビぅ

皆さんこんにちは!

 

今日はkbcに卒業生が講演に来てくれた時のお話です♪

 

彼の名前は我喜屋さん。kbcを卒業して超有名ゲーム企業に入社したんです!

某有名なゾンビと戦うゲームや、某有名なモンスターを狩るゲームを作っている企業です!!

 

そんな我喜屋さんに独占インタビューを行いましたよ(`・ω・´)

↓↓↓↓

Q.会社での楽しい事・やりがいを教えてください。

A.自分で考えて作ったものが世に出てそれが評価されるのが嬉しいです。

 しかしそれはクオリティが高くないとOK(GOサイン)が出ないので、

 しっかりクオリティが高いものを出して評価されている所が実感できます。

 

Q.我喜屋さんはゲームプランナーですが、それは1人で考える仕事ですか?

A.物にもよりますが、モンスター等キャラクターを考える場合はメインの人が1人居て、他に2~3人のメンバーが居ます。そこにデザイナーの方などが更に加わって考えていく仕事です。

 

Q.難しいと感じる事はありますか?

A.毎日感じます。先輩もビッグな人ばかりなので、毎日ボコボコです(笑)

 でも挫折しそうにはならないです。楽しいです。

 

Q.kbcで勉強して役に立った事は何ですか?

A.ゲーム作りイベントに積極的に参加した事が役に立ったと思います。

 私の仕事はゲームの企画ですが、学校でプログラムの勉強もしていたので、

 プログラマーの方に注文をするときに問題点や改善点等、具体的な注文ができてスムーズなやり取りができます。そういった面でもプログラムの勉強をしていて良かったです。

 

Q.ゲーム業界はどんな人が活躍しますか?

A.私はプライベートでもゲームが好きで、中学の時からやっていた

 オンラインゲームがあります。会社でそのゲームの部活ってのがあって、

 その中でもトップクラスです(笑)

 (どのゲームが好きでも)そのゲームについて持論を持ち、しっかりアウトプット

 できる人が評価されやすいです。

 

 

Q.kbcの学生やこれから入学する高校生に向けて一言お願いします

A. 私は正直高校まであまり真面目に勉強をしなかったんです(笑)

なーなーでやってくと後々苦労する事が多いです。そこは今の仕事でも苦労している部分もあります。数学とか。

kbcに入学して頑張ろうという気持ちになりました。後悔をしないように勉強をしてほしいと思います。良いところを伸ばしていくのは自分自身という事を意識してほしいです。

 

 

我喜屋さん、ありがとうございました!

因みに我喜屋さんはこの後kbcの先生から昼ご飯を奢ってもらったそうですよ♪羨ましい!

kbcの卒業生が楽しいゲームの製作に関わってるって凄い胸がアツくなりますね(^ω^)

 

それでは、チャオ(/・ω・)/

沖縄の那覇にあるkbc国際電子ビジネス専門学校は、沖縄県那覇市で
ビジネス・事務・銀行・経理・情報・IT(ICT)・コンピュータ・ゲーム・デザイン・CGを専門的に学べる専門学校です!